歴史文化学コース History

古市 大輔 (FURUICHI Daisuke) 教授

[研究領域] 中国明清史、清代中国東北地域史
写真

私の研究テーマを一言で言えば、まず「中国清代史」となり、より詳しく言えば、「清代中国東北地域の歴史(特に、政治史・経済史)」ということになるでしょう。

私が研究対象としている中国東北(旧満洲、マンチュリア)という地域は、17世紀に清朝を建て、北京を首都に20世紀初頭まで中国を統治した満洲族の「本拠地」・「故郷」であり、また、19世紀末から20世紀前半には、日本が侵略対象とした地域でもあります。私は、近代以降にそうした激動を経験することになったこの地域の原風景として、近代に突入する直前の時期である17世紀から19世紀(清朝が中国を統治していた時期にほぼ重なる)のこの地域の歴史の展開過程を明らかにすることをまず第一の目標にしています。

また、この地域を考察対象にして清朝国家による経済政策の歴史も併せて研究しています。穀物流通や穀物備蓄の政策など、清朝国家が実施した食糧政策に注目しながら、当時の中国の社会や経済に対する清朝国家の役割を検証しようと試みています。

さらに、清朝国家の官僚制度とその特徴についての研究も進めています。中国東北に施行された清朝の官僚制度・行政機構の特徴を解明して、そこから清朝国家の官僚制度がいかなる性格を持っていたかについて検討することがその主な目標です。

そして、清朝が如何なる国家であったかという問いを掲げつつ、清朝の歴史的性格を明らかにすることを、私の研究における最終目標と位置づけています。

l Contents Menu
ü