人文学類講演 |お知らせ|人間社会学域 人文学類|金沢大学
お知らせ|INFORMATION

人文学類講演会
Timed picture naming in seven languages, and More.
(2016年1月25日(月)開催)

2016年1月19日

下記の内容で、人文学類講演会を開催いたします。入場無料・事前申込みなどは不要です。どなたでもご参加いただけますので、ご自由にご来場ください。

人文学類講演会
Timed picture naming in seven languages, and More.

  • 日時: 2016年1月25日(月)12:05~13:00(予定)
  • 場所:金沢大学 人間社会1号館1階会議室(旧文学部会議室)
  • 講演者:Dr. ANGELA TZENG (Chair, Department of Psychology, Chung Yuan Christian University, Taiwan)
  • タイトル:Timed picture naming in seven languages, and More.
  • 要旨
    Timed picture naming was introduced to compare the processing in seven languages that vary along dimensions known to affect lexical access (Bates, et. al., 2003). Analyses over items focused on factors that determine cross-language universals and cross-language disparities. For all the languages, word frequency and goodness of depiction had large effects, but objective picture complexity did not. Effects of word structure variables (length, syllable structure, compounding, and initial frication) varied markedly over languages. Strong cross-language correlations were found in naming latencies, frequency, and length. Other-language frequency effects were observed (e.g., Chinese frequencies predicting Spanish reaction times) even after within-language effects were controlled (e.g., Spanish frequencies predicting Spanish reaction times). These surprising cross-language correlations challenge widely held assumptions about the lexical locus of length and frequency effects, suggesting instead that they may (at least in part) reflect familiarity and accessibility at a conceptual level that is shared over languages. Based on this finding and the underlying broad rationale, a mini battery between English, Chinese, as well as Japanese was carried out to future discuss the major factor(s) affecting language ability in general. Age of acquisition (AOA), modality (visual vs. auditory), and word comprehension are the three competing factors under discussion.
  • 参 考
    //www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3392189/
    (国立生物工学情報センターのWebサイト)
  • 照会先
    小島 治幸
    金沢大学 人間科学系
    〒920-1192 金沢市角間町
    電話:076-264-5303 FAX:076-264-5362
    E-Mail: hkojima<A>staff.kanazawa-u.ac.jp
    ※<A>をアットマークにかえて下さい

 

お知らせ一覧

2018.8. 金沢大学人文学類シンポジウム「日本の若者たちを理解する―若年世代の人間科学」のお知らせ(8月26日(日)開催)
2018. 外国語検定試験受験料助成(申請19.2.22まで)
2018. 各種資格申請費助成(申請19.2.22まで)
2018.8.10 人間社会学域スタディプログラムが開かれました
2018.8.9 キャンパスビジット2018が開かれました
2018.8.8 キャンパスビジット(8/9)ご来場予定の皆さまへ
2018.7.3 入試情報「人文学類 前期・後期入試の競争倍率の推移」を更新しました
2018.6.22 平成30年度新入生の保護者懇談会が開かれました(2018年6月9日)
2018.5.16 金沢大学人文学類言語文化学セミナーのお知らせ(5月30日(水)開催) *当日の様子を追加(6/5)
2018.4.12 【重要なお知らせ】平成30年度入学者から国家資格「公認心理師」養成に対応した学士課程のカリキュラムを整備いたしました。
2018.3.22 人文学類「卒業祝賀会」を開催しました(2018年3月22日)
2018.3.13 (【午後開催】3月15日(木))金沢大学人文学類公開研究会のご案内
2018.3.13 (【午前開催】3月15日(木))金沢大学人文学類公開研究会のご案内
2018.1.24 【再通知・2/23締切】平成29年度人文学類 外国語検定試験受験料助成制度のご案内
2017.12.26 平成30年度入学者からの国家資格「公認心理師」への対応について
2017. 人文学類より『言語文化の越境、接触による変容と普遍性に関する比較研究』を刊行しました
2017.10.26 公認心理師 経過措置科目読替について
2017.8.22 入試情報(人文学類の前期・後期入試の競争倍率の情報)を更新しました
2017.8.3 キャンパスビジット(8/7)にお越しになる保護者・同伴者の皆様へ
2017.7.25 平成29年度人文学類 外国語検定試験受験料助成制度のご案内
2017.7.25 平成29年度人文学類 各種資格申請費助成のご案内
2017.7.10 「高校生のための心理学講座(中部地区II)」(2017年7月29日(土)開催)
l Contents Menu
ü