金沢大学 人間社会学域 人文学類

englishchinese
トップページ > 入試情報
金沢大学 人間社会学域「人文学類」の入試が 令和3年度入試から変わります

入試情報

金沢大学では来る令和3年度の入試から大きな改革が行われることとなりました。特に人文学類の入試は、以下のように変更されますので、人文学類の受験を検討されている方はぜひご覧ください。

主な変更点

  1. 全学で後期入試が廃止になり,前期入試の定員が大幅に増えます(人文学類は100名から123名)。
  2. 全学で「 KUGS特別入試 」が始まります。これは、将来に明確な目標を持ち、主体的に行動し、他者と協働しながら、自身の夢を実現しようとする意欲ある人を受け入れて育成するために、志願者の能力・資質・意欲を多面的・総合的に評価しようとするものです。人文学類の選抜は令和2年12月5日に実施され、合格発表が令和3年2月16日ですので、前期入試と両方の受験が可能です。
  3. (1) 令和3年度の「KUGS特別入試」に出願するためには、「KUGS高大接続プログラム」を受講して、「大学での学び」と「高校での学び」の2本のレポート(1000~1400字)を提出して出願資格を得ることが必要です。
    (2) KUGS特別入試の配点は,共通テスト300点,小論文300点,口述試験300点です。
  4. 全学で「超然特別入試」が始まります。これは、本学が主催する数学コンテスト(日本数学A-lympiad(エーリンピアード))又は文学コンテスト(超然文学賞)に応募し、入賞実績を上げた場合に出願資格を与えるものです。上記二つのコンテストで得た受験資格に応じて、⑴A-lympiad選抜、⑵超然文学選抜の二つの選抜が行われます。これらの選抜では、共通テストや学校長推薦を課さずに、口述試験と小論文により、志願者の能力・資質・意欲を総合的に評価します。人文学類の選抜は、いずれも令和2年12月5日に実施され、12月21日に合格者が発表されます。また、この超然入試も、「KUGS特別入試」と同様に、前期入試との併願が可能です。

金沢大学入試情報

金沢大学Webサイト入試情報のページ

人文学類 前期・後期入試の競争倍率の推移

※ 平成31年度のデータを追加し、表・グラフを更新しました。(2019年7月25日)

【 前期入試 】

【 後期入試 】

人文学類とは?

学部長挨拶 躍動する「人文学類」

入学から各プログラムへの所属、そして卒業まで

人文学類生のキャンパスライフ

これまでのコース制(2019年度入学者まで)

従来の各コース別の紹介

入学者受入方針・学位授与方針

金沢大学全学サイトより