金沢大学 人間社会学域 人文学類

englishchinese
トップページ > プログラム制 > 歴史学

歴史学プログラム

過去と現在のたゆまぬ対話、人はどのように生きてきたのか

歴史学プログラムは、文学部史学科以来の伝統を継承・発展させています。ここで学べるのは、日本史、東洋史、西洋史の伝統的3分野だけでなく、あなたの関心に基づく国・分野の枠を超えた歴史です。歴史学プログラムは、過去と現在の対話を通してあなたの知性と感性を豊かなものにしていきます。

教育方針

歴史を理解することは、自らを知り、他者を知り、進むべき道筋を明らかにするために不可欠です。歴史学プログラムでは、さまざまな史料・資料を集めて読み解く方法を学び、文化や習慣が異なる過去の人々を自分の目で見据え、考える知性と感性をみがきます。そして自分で問題を見つけ、具体的な根拠によって解き明かし、その成果を発表する能力を身につけます。以上を通して、今日の国際社会の中で、問題の核心を深く理解し、その克明に向けてチャレンジできる人材を養成します。

プログラムでの学び

歴史学プログラムを志望する学生は、まず1年次の歴史学入門を受講し、歴史学全般の基礎知識や方法論を学びます。次いで2年次以降、選択する履修モデルを参考に実習科目を受講し、歴史研究における論文の読み方や、史料の分析・読解方法を実践的に身につけます。そして履修モデルでの推奨やそれぞれの関心によって、概説・特殊講義・演習に出席し、専門的知識を習得していきます。中でも重要なのは演習です。演習での史料・資料の読解、教員や他の学生との交流が問題発見・解決能力を鍛えます。

標準的履修モデル

  • ・日本史
  • ・東洋史
  • ・西洋史

学べる学問領域

  • ・日本史(古代~近現代)
  • ・中国史および朝鮮史(古代~近現代)
  • ・東アジア史(古代~近現代)
  • ・ヨーロッパ史(古代~近現代)
  • ・地中海世界史(古代~近現代)
  • ・南北アメリカ史、オセアニア史およびアフリカ史(近代以降)
  • ・オーラル・ヒストリー

担当教員・専門分野別研究室サイト

【 担当教員 】
【 準専任 】
【 専門分野別研究室サイト 】
歴史学プログラムの紹介動画はこちら

人文学類とは?

学部長挨拶 躍動する「人文学類」

入学から各プログラムへの所属、そして卒業まで

人文学類生のキャンパスライフ

これまでのコース制(2019年度入学者まで)

従来の各コース別の紹介

入学者受入方針・学位授与方針

金沢大学全学サイトより